フリーランスの確定申告ってどうやるの?

フリーランスになったはいいけど、確定申告ってどうやるの?
フリーランスになろうと思っているけど、確定申告難しそう・・・
僕はフリーランスで5年ほど確定申告してきました。
その経験から確定申告に必要な便利ツールをご紹介します。

今日、こんなツイートをしました。

 

確定申告の時期ですね。

フリーランスの皆さんはもう準備万端でしょうか?

僕は「あとは提出するだけ」という状態です。

freeeはやっぱり便利ですね!

 

フリーランスで生活していると、必ずやってくる年度末の確定申告。

皆さんはどうやっていますか?

 

  • 会計ソフトを使っているかた
  • 税理士さんに依頼しているかた
  • 自力で税務署へ提出しているかた

 

もしかしたら「確定申告なんてしない!」という猛者もいるかもしれません笑

 

僕はフリーランスに転向した初年度は税理士さんへお願いしました。

なぜかというと「税金」や「勘定科目」の知識がまったくなかったのと、
最初にプロに確定申告書を作成してもらえば、それがフォーマットとなって
その後の確定申告が楽になると思ったからです。

 

結論から言うと、初年度は税理士さんにお願いして正解でした。

考えていた通り、税理士さんの作ってくれた確定申告書が見本となって

翌年度から悩むことなく確定申告書を作ることができました。

 

今回は個人で確定申告する際のオススメソフトを3つご紹介してきます。

ぜひ、参考にしてみてください。

1.やよい会計ソフト

フリーランスになって初めて1人で会計ソフトを使ったのが「やよいの青色申告 オンライン」でした。

 

会計ソフトNo.1の弥生から新登場「やよいの青色申告 オンライン」-初年度無料-

 

初年度が無料で使えたため、使いやすさを比較するために使用してみました。

後で紹介する「MFクラウド」や「freee」と比べると取引入力画面がシンプルで、初心者にもわかりやすい画面です。

 

初年度の無料バージョンでもすべての機能が使えるので、「最初はどの会計ソフトを使おうかなぁ」と迷っているかたは「やよいの青色申告 オンライン」を使っておけば間違いないです。

 

2.MFクラウド(マネーフォワードクラウド確定申告)

「やよいの青色申告 オンライン」の後に使ったのがMFクラウド。

 

今はマネーフォワードクラウド確定申告に名前が変わっているようです。

取引画面が見やすく、やよいに比べて入力項目が多いため最初は戸惑いましたが、

摘要が入力できるので、何に使ったお金なのかパッとわかります。

 

また、入力した内容は自動で帳簿に反映されるため、確定申告書の作成に時間がかかりません。

確定申告ガイドもソフトの中に用意されているため、初心者でもガイドを参考にすれば簡単に確定申告書類が作ることができます。

 

こちらは「やよいの青色申告 オンライン」と違って、無料期間は1か月です。

しかし、今ならプランが値下げしており、月額500円で利用可能です。

 

とにかく確定申告書類の作成時間を減らしたい!という方にオススメです。

 

3.会計ソフトfreee

最後は僕が今も愛用している会計ソフトfreeeをご紹介します。

 

今期で6期目になりますが、今まで使ったソフトの中で一番使いやすかったです。

マネーフォワードと同じく、入力画面はすっきり使いやすく、

勘定科目が分類わけしてあるので、初心者の人にもわかりやすいです。

 

入力した内容は自動で帳簿に反映されるため、確定申告書類の作成が短時間で済みます。

 

また、確定申告書類を作成するときはステップが分かれており、

「基本」⇒「収支」⇒「確認」⇒「提出」⇒「その後」

となっています。

 

「基本」では、住所や氏名などの個人情報を入力します。

「収支」では、給与をもらっているか、扶養家族はいるか、生命保険に加入しているかなどを入力します。

「確認」では、入力した内容を実際の確定申告書類に反映された画面で確認ができます。

「提出」では、申告書の印刷や提出する税務署などを、住所から自動で設定して教えてくれます。

「その後」では、その年度の確定申告を終えたら「年度締め」をしてその年の収支を確定します。

 

画面のアナウンス通りに入力していくと、いつの間にか確定申告書類ができあがっているというスグレモノ。

フリーランスは月額980円のスタータープランで十分ですが、
サポートが充実している月額1980円のスタンダードプランもオススメです。

 

まとめ

入力画面がシンプルで、初年度が無料の「やよい

入力画面が見やすく、自動で帳簿が入力される「マネーフォワードクラウド確定申告

こちらも入力画面が見やすく、サポートも充実。なにより画面のガイドに沿って作業するだけで確定申告書類ができあがる「会計ソフトfreee

どれも捨てがたいですが、僕の経験から税金のことがよくわからないのであれば
1年目:税理士さんにお願いする
2年目:やよいの青色申告 オンライン
3年目:会計ソフトfreee
というのはいかがでしょうか。

 

もうすぐ確定申告の期間も締め切りとなります。
まだ書類を作成していないかたは、この記事を参考に会計ソフトを利用してみてはどうでしょうか。