フリーランスエンジニアは不安定か?

今は会社員で安定してるけど…
フリーランスエンジニアはもっと自由に活動できて楽しそう。
でも不安定なんだろうなぁ。。
サラリーマンの方で転職を考えている方、
フリーランスエンジニアにも憧れているけど、リスクが怖い方、
脱サラしてフリーランスエンジニアになった僕がフリーランスエンジニアの「実際のところ」をお伝えします。

よくわからない分野や、やったことのない仕事をやるのってパワーいりますよね。

しかも転職となるとリスクを考えない訳にはいきません。

今日、こんなツイートをしてみました。

 

 

一緒に仕事させてもらってる上場企業の社員さんはとても賢い。

社員としても一目置かれている。

フリーランスだったらものすごいデキる人だと思うけど、

フリーランスは安定しないから、という理由で社員してる。

もったいないと思う。

 

そこで今回は、「フリーランスエンジニアは本当に不安定か?」について僕の経験をお伝えします。

僕の経験が少しでも参考になれば幸いです。

僕のスペックは以下の通りです。

✅調理師専門学校卒

✅27歳までレストランで働く

✅零細SESブラック企業へ入社(2年数ヶ月)

✅低賃金、労働過多でしんどくなり、何となくフリーランスへ転身

✅何となくフリーランスエンジニアを続けてきたら月収80万円を超える

ご覧いただいてわかる通り、高学歴でもエンジニアでもなかったんです。

レストランの中でも目立つことのない料理人でした。

スキルも経験もない僕でも、この状況になりました。

本当にフリーランスエンジニアは不安定と言えるのでしょうか?

 

フリーランスエンジニアは不安定か?

僕は「NO」だと思います。

リスクが無いとは言いません。

僕のようにノースキルでフリーランスエンジニアになると、

最初は報酬が少ないです。当たり前ですね。

クライアントに対して何も提供できないからです。

スキル不足で契約を切られることもあるかもしれません。

ただ、ただですよ?

クライアントは山ほどいます。
つまり仕事は山ほどあるんです。

そして、ノースキルと言ってもエンジニア以外のスキルが必ずあるはずです。

こう言うと批判されるかもしれないですが、フリーランスエンジニアには変わった人が多いです。

人として普通であることでさえスキルです。

冗談じゃなく、ホントです。

「仕事がないかもしれない」という意味での不安定は

今のところ不安視する必要はありません。

 

フリーランスエンジニアは優秀じゃないとなれない?

これもNOですね。

僕のスペックを見ていただいたらわかりますね笑

学歴、前職、関係ないです。

専門性が高い職業だと思いますが、オンラインで無料で学べる環境が整っているので

今やどこでも勉強できます。

高額な会費を払ってスクールに通う必要もありません。

知識やスキルがなくても、現場での経験で身に付きます。

 

努力はいらない?

じゃあフリーランスエンジニアになるのに努力はいらない?

これは「NO」です。

努力がいらない訳ではないです。

プログラミングを頑張る人は、プログラミングをオンラインで学習したり、

マネジメントで頑張る人は、人の管理や思考を学んだり、

フリーランスエンジニアとして仕事を取れるようになるには

努力の積み上げが必要です。

努力をすればするほど、報酬に直結するので

普通の会社員よりも数字が見える分、面白いと思います。

 

まとめ

「フリーランスエンジニアが不安定」と思っている人は

フリーランスエンジニアのことをよくご存じないんだと思います。

世間の風潮や、昔誰かに言われた噂話や、勝手なイメージで「不安定」だと思い込んでいるんです。

 

フリーランスエンジニアの仕事はたくさんあるし、

優秀じゃなくてもフリーランスエンジニアになることもできます。

敷居は低いけど、将来性のある職業だと思っています。

 

また、最近はフリーランスエンジニアのプログラマーの人でも

『40歳定年説』がささやかれなくなりました。

エンジニア不足によるものですが

大企業のリストラも相まって、

フリーランスエンジニアになる方がこれからどんどん増えていくと思います。

 

今すぐフリーランスエンジニアになる必要はありませんが、

オンラインで学習するなどして、少しずつ準備を始めると

1年後にはまったく違う世界が見えてくると思います。

そうやってスキルを身に付けることで、

リストラというリスクを分散してみてはいかがでしょうか。

 

最後に

最後に、宣伝になりますが

僕がノースキルからフリーランスエンジニアになって

月80万円稼ぐまでにやったことをnoteで公開しています。

実体験をもとに書いていますし、今回のブログを濃くした内容になっています。

もしよかったら参考にしてみてください。